ほれみたことか

化石燃料

イナバウアー  

rsです。 こんにちは。


いつものガソリンスタンドでガソリンを入れるついでに、灯油を2缶入れました。
1缶は、隣のばあちゃんのうちの灯油です。

近所に車で移動灯油販売をするうさんくさいオジサンがいるのですが、
近所の年寄りをターゲットに、1缶18Lで1700円くらい請求するとんでもないオッサンです。

そんなことですので、ガソリンを入れに行く際には一声かけて、ついでに入れてきてあげるのです。

おかげで灯油屋のオッサンからはとても憎まれていますが、訴えればこっちの方に分がありそうなので気にしないようにしています。


それはさておき

入れに行くガソリンスタンドはいつものようにユニークなキャラの揃ったスタンドです。

今日も元気に、真っ先に中学生が走ってきました。
勢いあまって車に近づきすぎてひかれそうになるあたり、今日も波乱を予感させてくれます。
しかし、最近は大きな声で挨拶ができるまでに成長しました

ちなみに他の従業員(オールライト・年齢不詳オジサンなど)は、奥で水をかけ合って遊んでいます。

中学生 「お客様 いらっしゃいませ  本日は いらっしゃいませ 」
      「えー ハイオクと レギュラーというのがありますが どちらにしましょうか?」

1週間に2,3回は来ているにもかかわらず、いっこうに覚えていないあたり、さすが中学生です

私 「レギュラーで願いします」
私 「それと、灯油を2缶お願いします」

中学生 「はい わかりました」 なぜかピョンと軽く飛び跳ねて、軽快に灯油を入れに行きました
ここでも中学生らしさを発揮します
普通は1缶ずつ入れるのですが、彼は違います。
2つの缶の注入口を空け、同時進行で交互にちょっとずつ入れていくのです。
とても時間がかかるので、イライラしてきます。

ようやく灯油もガソリンも入れ終わり、精算です。
これはカード払いだから、サインだけなので問題ないでしょう。

が、やはり中学生は一枚も二枚も上手です。

なにやら一生懸命レシートを見ながらブツブツ言っています。
急いでいるわけではないのですが、いい加減後頭部を鈍器で殴りつけたくなってきました。

それにしても、何を悩んでいるのでしょう・・・

あ、ようやくやってきました

中学生 「お客様 おまたせしました 合計で 67リッターになります」

えっ!?

軽トラに、そんな外車並のガソリンが入るわけがありません

あ、  ああ・・・

灯油もガソリンも、全部ひっくるめて足しちゃったわけですね・・

一生懸命計算してくれたのはいいですけど、 意味ないです。
むしろ、紛らわしいです。

よくこれでやっていけるなぁと、不思議でなりません。



by rs_yositomi | 2006-02-23 15:57 | たわごと

■警告■


 
キョロ氏データ

年齢:不明

性別:不明
(ただし出産経験アリ)

職業:カキ氷屋さん

好きなシロップ:メロン

特技:左右確認

好きな言葉:ハンドルなどない







ファン

ブログジャンル

画像一覧