ほれみたことか

いけてるおとこ 1

数えると、大小26カ所の穴が空いていたジャンバーを着ているrsです。

こんばんは。

ついに、出会い系に手をつけてしまいました・・
何にでも「系」をつければいいというものでもありませんが、なんとなく意味が伝わるところがニクイですね。

と言っても、母に頼まれて代理で登録しただけですが。

間違っても母が出会い系サイトにプロフィールを登録したわけではありませんよ。
母の友人の40代半ばの冴えない独身男性の代理です。

母が昔働いていたスーパーに新人として入ってきて以来、かれこれ十数年の付き合いで、
とてもナヨナヨしていて声も小さくて、暗くて頼りなさそうで、
印象を言えと言われると 「誠実そうな人ですね」 としか言いようがない。。
といったような人です。

なにせ女性と会話をするのが非常に苦手で、お母さんとウチの母以外の女性と会話をしたことなどここ数年ないという筋金入りです。
かといって、女性に興味がないわけでもなく、結婚願望はある様子なのです。

その男性(以後:ミハエル君) はお母さんと二人暮らしで、町中に大きな土地とアパートを持つ、非常に上品で裕福な家庭環境にありながら、
なぜかウチのような非常に下品で、地面に落ちたアメでも食べるような家庭ととても親交があり、 お母さんはことあるごとにミハエル君の事の気にかけて、ウチに相談をしてくるのです。

そんなお母さんの一番の悩みは、一人息子、ミハエル君の結婚です。

以前からウチの両親に誰か良い女性を紹介してくれと頼んでいたようなのですが、
ウチの両親が候補に上げた女性と言えば、

1人目・・・親戚の結婚してないオバサン。(59歳)
2人目・・・親父が通う病院の看護婦さん(22歳)
3人目・・・近所のホームセンターで働いてる人(話したこともない)
4人目・・・親父の友達の娘 (30歳、既婚、子供2人)
5人目・・・マルシア (多分女性)

全くもって、話しになりません。
そもそも、ウチの母と親父にそんな事を頼む方が間違いです。

そこで私に白羽の矢が立ったわけです。

まず、女性と面と向かって会話が出ない以上、どう考えても恋愛は無理です。
そこで思いついたのがとりあえず顔を見なくてもよい 「メールの出会い」 です。

私が適当に思いついたこの一言で、翌日速攻でパソコンを購入し、ネットまで接続したそうです。   よほど深刻なようですね。

とはいえ、私も出会い系などやったこともないのでわかりませんが、
とりあえず大手サイトの掲示板に、ミハエル君のプロフィールを代行で登録することにしました。


あ、スイマセン。
今からタコを獲りに行くので、続きはまた。
[PR]



by rs_yositomi | 2005-11-30 21:29 | たわごと

思い知れ
by rs_yositomi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

たわごと
趣味の事など
キョロちゃんの憂鬱な日々

■警告■


 
キョロ氏データ

年齢:不明

性別:不明
(ただし出産経験アリ)

職業:カキ氷屋さん

好きなシロップ:メロン

特技:左右確認

好きな言葉:ハンドルなどない







ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧