ほれみたことか

メンテナンス

ゲームセンターのUFOキャッチャーで不細工な人形を取ろうとして、
うまく取れたはいいが落ち口で人形がひっかかってしまっても、店員を呼ぶ勇気がないrsです。

こんにちは。

職業上、ガソリンスタンドによく行きます。
頻度が多いので、決まった契約店で月末一括払いなのですが、

私の住む地方は、人口よりも車の方がはるかに多く、車がないととても不便でなりません。
そのためやたらとガソリンスタンドが多いので、どこも生き残るためお客を捕まえようと、サービスや値段でしのぎを削っています。

ところが、ウチの契約店であるガソリンスタンドはどうでしょう。

従業員は4人います。

1人は唯一女性であるオバサン。
野村沙知代が貧乏で生活に疲れきったような顔をして、 事務も兼ねたおそらく店では重要ポストと思われる重鎮。 
「灰皿はよろしいですか?」 がうまく言えず、いつも 
「はいじゃるは・・ はい・・ はいざりゃ・・ はい・・ 灰皿はよろしいでしゅか?」  
と、かなりの高確率でつまります。 

もう1人は年齢不詳のおじさん。
推定40代後半~50代半ばと推定される。  
この年になってはじめて働きはじめたような雰囲気で、動作がとても不自然に見えてしょうがありません。 
いつも給油を終えた後に、「rsさん、 こんばんは(カードの名前を見て) すっかり寒くなりましたね。 明日は天気がくずれるらしいですよ。 ではまたお願いします」  と、
一言一句変わらない言葉を毎回掛けてくれます。
動きが鈍くて、制服のズボンがピチピチでおしりをぷりんぷりんさせて歩くのがチャームポイント。

もう1人は中学生みたいな男。
なんというか、中学生にそっくりな年齢不詳の男です。
最近入ったアルバイトらしいのですが、まったく存在感がなく、淡々と給油をして、
時々帽子を脱いでは丸刈りの頭をかきむしっています。
給油をした後、「・・・ッケイ ・・・ ッケイ・・ ・・・シタ~」  と、なにやら言っているようですが、
虫と会話している蚊のような声で、全く聞こえません。 
私が車の給油口を開けるのをうっかり忘れていたときも、「・・マセン  ・・ゑ ・・・シマス・・」と、ブツブツ言っていましたが、全く気がつかず、5分後にようやく自分で気がつきました。
その間中学生はただ立ちすくんでいました。

もう1人は若干ジャニーズ系なボク。
中では唯一普通そうで、 若く、軍を抜いてルックスもいいです。
しかし、上で述べた人たちと比べることが、彼にとって良いことなのかどうかは微妙です。
いつも給油機にもたれかかって、腕を組んでスタンバイしています。 が、
そんなツッコミどころがない人間が、このガソリンスタンドにいるわけがありません。
車が入ってくると、誘導してくれるのですが、
「オールライット! オールライット! オールライット! オールライット! ハイ、イェス!」
と、 もの凄いアクセントをつけて誘導してくれます。
イエスの意味は不明です。 
初めはふざけているのかと思いましたが、彼の表情は至って真面目で、仕事熱心なまなざしをしていました。

洗車機もいつの物かわからないくらい赤くサビ、動くたびに ギッ ギギギギ っと
痛々しい音がします。

水曜日に行くと、サービスでティッシュペーパーがもらえるのですが、
なぜか1人1人の店員が全員一個ずつくれるので、1回で合計4箱もらえます。
これは新手のサービスなのか、言い方は悪いですがバカなだけなのか、
それすらもわかりません。

近所にはたくさん、若い女性がいる店や新しい店があるにもかかわらず、なぜここを選んでしまったのか不思議でなりませんが、 なんとなく面白いので、今は満足しています。
もともと過剰サービスがあまり好きではないので、これぐらいの方がいいですね。

今日は柄にもなく、長い文章になってしまいました。

それでは干し柿の様子を見なくてはいけないので、今日はこれくらいで・・




 
[PR]



by rs_yositomi | 2005-11-09 16:44 | たわごと

思い知れ
by rs_yositomi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

たわごと
趣味の事など
キョロちゃんの憂鬱な日々

■警告■


 
キョロ氏データ

年齢:不明

性別:不明
(ただし出産経験アリ)

職業:カキ氷屋さん

好きなシロップ:メロン

特技:左右確認

好きな言葉:ハンドルなどない







ファン

ブログジャンル

画像一覧