ほれみたことか

わからずや

現在、絶食ダイエット真っ盛り中の私ですが、深夜のコンビニにからあげクンを買いに行ったら、たった一個だけ残っていました。

すぐさま買いたいというはやる気持ちを抑えて、とりあえずせっかくコンビニに来たので立ち読みでもしてみることにしました。
どうせ深夜のコンビニに、からあげクンを目当てに来る客なんて私くらいのものでしょうから。

あまり見たい本もないので、ここは一つ、やらしい漫画を見てみることにしました。

しかし、たまたま手にした本がマニア向けだったようで、どの話もみんな幼い女の子ばかりでした。  
このような本が世の中に出回っているから、犯罪も起きるはずですね。

次に手にしたのは大人向けの絵が濃い漫画です。
どうやら話のほとんどが不倫話のようです。 

ノーマルなものはないのでしょうか?

いや、もはや性の感覚が麻痺しているのかもしれませんね・・

悟りを開いた私はそのようなものには興味はありません。 あるのはからあげクンだけです。

先ほどのたった一つ残っていたからあげクンを買いにレジにいくと、
なんと、なくなっているではありませんか!

納得のいかない私は若いバイト風の店員に詰め寄りました。
「ねぇ、 さっきからあげクン一個ありましたよね?」

バイト 「ええ、期限が過ぎたので下げました」

私  「期限過ぎたっていいからください」

バイト 「いや、そういわれても~」

私  「いいからくださいよ、コーヒーおごってあげるから」

バイト 「勘弁してくださいよ~  アメリカンドックならありますけど?」

私  「・・・・からあげクンが食べたいと言っているのだよ・・」

それから5分くらい粘ったでしょうか。 
ついに折れた店員は、潔くからあげクンを出してくれました。
 
だから何が言いたいのかというと、

私のからあげクンにかける情熱は誰にも負けないということです。

やらしい漫画は買っていませんのでご安心ください。
[PR]



by rs_yositomi | 2004-12-04 13:37 | たわごと

思い知れ
by rs_yositomi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

たわごと
趣味の事など
キョロちゃんの憂鬱な日々

■警告■


 
キョロ氏データ

年齢:不明

性別:不明
(ただし出産経験アリ)

職業:カキ氷屋さん

好きなシロップ:メロン

特技:左右確認

好きな言葉:ハンドルなどない







ファン

ブログジャンル

画像一覧